家庭の中にいる写真の存在|スタジオアンドエム

ブログ
スタジオアンドエムの日常

家庭の中にいる写真の存在

2024年01月12日 公開
最近の僕は、リビングに飾ってあるマタニティから、宮参り、ハーフバースデー、1歳、という経過のわかる家族写真を見るのが楽しみなんだって教えてくれました。 私が伝えたい、オモイをミライに繋ぐ写真が、ここに存在してることに感謝したし、心から嬉しいと思う😭 今の時代、写真は誰でも撮れる現実がある。 お金を払ってまで撮る必要があるの?  カメラマンのプロの定義は何ですか? 時よりお客様からどストレートな質問が来ます😅 私もスタジオを始める前、散々自問自答した内容です。 境界線が曖昧な業界、広告写真や、企業に勤めるわけでもなくその肩書を持つのは恐怖でしかなかった・・・ なぜなら、そこには責任が生じるから・・・ お金をもらう商売にしたら、プロでなければならない。 それは当たり前 私の中での責任は、スタジオという箱を持ち、お客様を迎え入れる環境を整えること、そして、お客様にありがとう!と言ってお金を払ってもらえる仕事をする事。 これを目標として自分の仕事とする覚悟をしました。 1組1組を大事にして、気持ちを大事にする仕事。 より大事にして進みたい。 何でもデータで見られる手軽な時代だけど、写真は形に表現してこそ写真だと私は思っている。 だから、お値引きのキャンペーンはほとんどやらない。 形に残して、家族のいつも目に、手に届くものをお届けしている。 それがこうして身を結ぶことを信じて頑張り続けたい。 今年も元気に頑張れそう😊 そんな仕事始めをさせていただきました! いつもありがとうございます!!


関連記事

関連記事

  • 2014年11月13日

    マタニティ〜輝くとき〜

    皆様こんにちは。
    なかなかお客様のお写真を公表させて頂くための記事が書けませんでした(^_^;)
    ちょっと時間が出来たので、本日は、初めての出産を迎えられる、マタニティの
    撮影にお越しいただいたお客様方をご紹介します。
    皆様、それぞれに違うご家族ですが、今、この瞬間を楽しんで頂いているようです。
    マタニティの撮影をすると、おなかの赤ちゃんがお話ししてくれる時があります。
    きっと、写真に動じることのないお子様が産まれることでしょう!!
    私が目指すマタニティ写真は、ご家族が、産まれて来る我が子を、どんな表情で、
    どんなに待ち望んでいたかを伝えられるような写真です。
    そして、一生に数回味わえるかどうかの、お腹の大きくなった、今しか見られない
    瞬間を残し、そのオモイや様子を、ミライのご家族に届けていただきたいと思います。
    いつかお子様が、新しい家族を築こうとするその時に、今の溢れるオモイを引き継いでもらえるように・・・そんなお写真を提供しています。
    子育てに悩んだ自分を励ますこともあります。機会があれば、ぜひご検討下さいね!!

    マタニティフォト撮影の詳細はこちら









    マタニティフォト撮影の詳細はこちら
  • 2016年12月29日

    今年もたくさんのご来店、誠にありがとうございました!!

    お久しぶりの更新となってしまいました・・・
    ありがたいことに、とても忙しくさせて頂き、今年を締めくくることが出来そうです。
    studioandMをご利用いただいた、沢山のご家族に、心より感謝いたします。
    studioandMで撮影した写真たちが、皆様の未来のご家族に、今の想いを丸ごと運んで、笑顔を届けてくれると私たちは信じています。
    沢山のご家族と出会えた今年の最後に、来年の目標も含めて、初心を振り返りつつ、今の私たちに出来ていること、変えてはいけないこと、そして変えるべきことを考えました。
    初心・・・子供を待つ、そして子育てをしているご家族の皆様の、毎日必死な中に埋もれがちになっている、楽しさや愛しさ、不安や一生懸命さなどの、たくさんの想いを写し出し、感じて頂き、写真という形で未来の家族に届けるお手伝いをさせて頂きたい!大事なのは、一家族一家族違う関係を持ったご家族の今を引出せるように、心から向き合って写真を撮る事。
    出来ていること・変えてはいけないこと・・・日常の中では、中々自分たちで気付く事の出来ない家族の関係性を写し出し、お子様の成長と、家族としての成長を感じて頂けるお写真を提供できていること。
    その中でも、ただ可愛いだけでなく、写真のクオリティにこだわり、細部にこだわった写真をお届け出来ていること。後悔しない仕事をお客様に提供できていること。自信と誇りを持てる事。
    出来てなかったこと・・・忙しさにかまけて、見て頂いている皆様への情報発信が疎かになったこと・・・もっと新しい何かを!!と考えて考えて考えることが減ってしまったこと・・・
    来年は、上記の反省をもとに、より良い写真と、満足度の高い時間をご提供できるよう、日々考えて精進できるよう頑張ります!!
    今年もたくさんの方々にお世話になりました!ありがとうございます!
    また来年も、studioandMを宜しくお願い致します!
    今年最後に・・・ハーフバースデイを迎えた女の子の、素敵な笑顔と、素敵なパパママをご紹介させて頂きます。

    それでは皆様・・・よいお年をお迎えください。

    studioandM
    スタッフ一同





    #studioandm#ベビー#キッズ#こども#kids#ハウススタジオ#写真館#写真スタジオ#フォトスタジオ#キッズフォトスタジオ#kidsphoto#北千住#足立区#家族写真#家族#ファミリー#キッズファッション#キッズレート#instagram_kids#子供服#baby#family#バースデー#ハーフバースデー#halfbirthday#生後6ヶ月
    studioandmさん(@studio.and.m)が投稿した写真201612月2810:47午後PST








    #studioandm#ベビー#キッズ#こども#kids#ハウススタジオ#写真館#写真スタジオ#フォトスタジオ#キッズフォトスタジオ#kidsphoto#北千住#足立区#家族写真#家族#ファミリー#キッズファッション#キッズレート#instagram_kids#子供服#baby#family#バースデー#ハーフバースデー#halfbirthday#生後6ヶ月
    studioandmさん(@studio.and.m)が投稿した写真201612月2810:47午後PST








    #studioandm#ベビー#キッズ#こども#kids#ハウススタジオ#写真館#写真スタジオ#フォトスタジオ#キッズフォトスタジオ#kidsphoto#北千住#足立区#家族写真#家族#ファミリー#キッズファッション#キッズレート#instagram_kids#子供服#baby#family#バースデー#ハーフバースデー#halfbirthday#生後6ヶ月
    studioandmさん(@studio.and.m)が投稿した写真201612月2810:46午後PST








    #studioandm#ベビー#キッズ#こども#kids#ハウススタジオ#写真館#写真スタジオ#フォトスタジオ#キッズフォトスタジオ#kidsphoto#北千住#足立区#家族写真#家族#ファミリー#キッズファッション#キッズレート#instagram_kids#子供服#baby#family#バースデー#ハーフバースデー#halfbirthday#生後6ヶ月#ママ
    studioandmさん(@studio.and.m)が投稿した写真201612月2810:46午後PST








    #studioandm#ベビー#キッズ#こども#kids#ハウススタジオ#写真館#写真スタジオ#フォトスタジオ#キッズフォトスタジオ#kidsphoto#北千住#足立区#家族写真#家族#ファミリー#キッズファッション#キッズレート#instagram_kids#子供服#baby#family#バースデー#ハーフバースデー#halfbirthday#生後6ヶ月#おんなのこ#パパ
    studioandmさん(@studio.and.m)が投稿した写真201612月2810:45午後PST
  • 2014年08月28日

    お伝えしたい事・・・

    今や、写真はデータの時代・・・
    でもね、データはあくまでバックアップだと、私は思ってるんです。
    studioandMは、マタニティーさんから3歳までが対象の、フォトスタジオ・・・
    ここで撮った写真が、お子様が大きくなるにつれ、親の愛情を手に取って感じる一つのツールになってくれると信じて撮影をしています。
    たくさん触って、見て、話をして、笑って・・・そんな中に、我々の撮った写真がいてくれればと願っています。
    「ママの子の大きなおなかの中に〇〇ちゃんがいたんだよー」
    「この時は、まだまだ小っちゃくて、抱っこするのもこわかったなぁー
    ママも赤ちゃんだね」
    「このころからよく寝てくれるようになったし、こんな笑顔で笑ってくれるようになったんだよ」
    「そうそう!お座りの練習してたら、よく後ろに倒れて泣いてたねーお座り苦手だったよね」
    「この時期、今まで動かなかったのに、急に動き出したんだよ!!転ぶんじゃないかと思って、ずっと後をついて歩いてた気がするなーー」
    等・・・会話をして、愛情確認し合って、成長して・・・何度も見ているうちに擦り切れて、味が出て・・・歴史を刻んで、次の家族をつくる・・・写真には、そんな力があると思います。でも、パソコンにしまいこんだら、お子さんは自由に見れません。会いたいときに、親の愛情を確認できません。
    データで保存するのは、年賀状やイベントの時に探し出すため、写真が破れたときに復元する為、ふとした時に振り返る為ではないですか?
    お子さまの為にも、家族の為にも、写真をきちんとした形にして、常に目や手が届くところにおいてあげてください。
    私たちは、そんな歴史を作れる商品を、1から考えてオリジナル作成しています。
    studioandMでしか作ることのできない、そのご家族のオリジナルの形・・・
    ぜひ見に来てくださいね。

    マタニティフォト撮影の詳細はこちら









    マタニティフォト撮影の詳細はこちら
  • 2015年05月24日

    マタニティに感じるもの

    思わず感動して涙してしまいました・・・
    今日、マタニティの撮影をしに来てくださったお客様。実は、お姉ちゃんが息子のお友達で、小さい時から大きくなる過程を知っているお子様で、1年前には、2歳の記念撮影に来ていただいていたんです。
    本当に久しぶりにお会いしたんだけど、お母さんは2人目ご出産目前で、お姉ちゃんは、戸惑いつつもお姉ちゃんになっていて、ご家族みなさんがそれぞれの表情で新たな家族を迎える準備をしていて・・・そんなご家族の写真を編集しながら、1年前のご家族の写真を振りかえると、お姉ちゃんの成長とご家族の変化、家族としての重みをものすごく感じて、自分の息子や家族と重ねてしまい、ひとりウルウルしてしまいました・・・(^_^;)
    この仕事をしていると、それぞれのご家族の、それぞれの環境で、それぞれの家族として積み重なるものがあり、みんながいろんな考えや想いのもとで家族として成り立っているんだって感じることがたくさんあります。時には会話をすることで、肩の力を抜いてくれるお母さんがいたり、逆に私が感じているイライラや悩みを、楽にしてもらえたり・・・人って深いなと日々感じます。
    家族に対する考えや接し方が、全く同じということはありません。
    それぞれのオモイ、愛情、関わりを、大切に写真に表現していき、いつかその写真が、その家族の形を表現する1つの存在としてご家族の中に存在してくれれば、私たちはとても幸せに思います。
    studioandMとかかわってくれたすべてのお客様のミライに、オモイを届けるために・・・この気持ちを忘れずに向き合っていきたいと思います。
    改めて、素敵なマタニティの撮影に携わらせてくれて、ありがとうございました。

    マタニティフォト撮影の詳細はこちら



    マタニティフォト撮影の詳細はこちら
すべては、子育て家族の笑顔のために、そんなおもいを胸に皆様をお待ちしております。
すべては、子育て家族の笑顔のために、そんなおもいを胸に皆様をお待ちしております。
すべては、子育て家族の笑顔のために、
そんなおもいを胸に皆様をお待ちしております。
スタジオアンドエムがご提案する子供服ブランド BABY-PROPS-M
スタジオアンドエムのフォトウェディング